MENU

妊活中は男性の葉酸摂取も必要です!

葉酸は、妊活中〜妊娠初期にかけて、女性にとって
もっとも重要な栄養素だといわれていますが、
実は、男性にとっても重要な栄養素であることが、
近年の研究で明らかになってきました。

 

葉酸は、男性にとって、どのような効果が

期待できるのでしょうか。
健康な男性でも、1度に射精される精子の1〜4%
染色体異常(精子の奇形)が混ざっていますが、
葉酸は、この染色体異常(精子の奇形)の
軽減に効果があるといわれています。

 

アメリカの研究では、葉酸サプリを摂取している男性は、
そうでない男性よりも20〜30%低いという
データが出ています。
染色体異常(精子の奇形)が少なくなり
質の良い精子が増えるということは、
胎児の奇形のリスクを下げることはもちろん、
受精率が上がり、妊娠する確率が上がることにつながります。

 

不妊症というと、女性に原因があるように考えられがちでしたが、
近年では、不妊症の原因は男性にも多いことが分かってきました。
妊娠には、男性の精子が大きく関わっています。
女性ばかりが妊娠しやすい身体になるよう努力しても、
男性の精子の質が悪かったり、元気がないと受精には至りません
元気な赤ちゃんを授かるには、精子の質を高めるために
男性にとっても葉酸摂取は必要です。

 

 

不妊の原因の約半数は男性が原因です! 

健康な男女が避妊をせずに定期的に性交渉をしているにも
関わらず、2年間妊娠に至らない場合「不妊症」と診断されます。
現在、10組に1組は不妊症に悩んでいるといわれています。

 

その原因はさまざまですが、不妊の約48%は

男性に原因があることがわかってきました。

以前は、不妊の原因は女性にあるイメージでしたが、

約半数に男性が関わっていたのです。

 

つまり、不妊に悩むカップルの半分は、
男性も不妊治療を受ける必要があるということになります。
男性不妊の原因は、ED(勃起不全)
射精障害など、さまざまですが、
8〜9割を占めるのが、精液や精子に問題がある
「造精機能障害」といわれています。
男性の場合、まずは精液検査を受けて、
精液の状態を調べてみましょう。
精液検査には保険が適用されます。精液検査でわかることは、

 

精液の量
1回の射精の基準値である、1,5ml以上あるかどうか

 

精子の数(濃度)
精液1ml中に基準値である、1500万以上あるかどうか

 

精子の運動率
活発に動いてる精子が正常な運動率32%以上かどうか

 

精子の奇形率
精液の中に正常な形をしていない精子が4%未満であるかどうか

 

ただ、検査結果は、検査日の体調などによって
精子の状態も異なるため、結構バラツキがあります。
中には、落ち込んだり、劣等感を感じてしまう男性も少なくありません。
まずは自分の身体のことを知る第一歩として、考えられると良いでしょう。

 

 

男性が葉酸を摂取することで奇形のリスクが軽減される! 

「葉酸」は、妊活中の女性にとって大切な栄養素であることは
多くの人に認識されていますが、
男性にとっても重要な栄養素であることは、
意外と知られていません。
妊活中に、男性が葉酸を摂取することで得られる

効果は大きく、最近ではパートナーと一緒に葉酸
摂取している人たちが増えてきています。

 

不妊の原因の約半分は男性側にあることも

分かっていますので、妊活中は、

男性も積極的に葉酸を摂り入れて行きましょう

 

葉酸は、細胞分裂が正常にスムーズに行えるよう、
サポートする作用があります。
スムーズに行われなければ、染色体異常が生じてしまい、
奇形という形であらわれることになります。
つまり、精子の分裂にも大きく関与しており、
染色体異常のリスクを軽減することができるというわけです。

 

実は、健康な男性の精子にも、1〜4%の
染色体異常(精子の奇形)が含まれています
アメリカでは、葉酸を1日の必要量摂取している男性は、
葉酸を摂取していない男性と比較して、染色体異常
(精子の奇形)が20〜30%低いという研究結果が出ています。

 

また、男性の葉酸不足は、胎児の「神経管閉鎖障害」の
原因にもなるといわれています。
さらには、妊娠確率の低下が懸念されています。

 

 

男性の葉酸摂取は精子の分裂と大きく関わっている!

葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低下させたり、
卵子の質を良くする効果が期待できることで、
妊活中の女性には欠かせない栄養素であることは、
多くの女性に認識されています。

 

しかし、近年では、葉酸精子の分裂にも大きく
関与しており、妊娠率を高めるためにも、
男性も積極的に摂り入れるべき栄養素

あることが分かりました。
男性によっては「お腹の赤ちゃんのために女性が飲むもの」
「女性が飲んでるから大丈夫」と、妊活に興味がなかったり、
非協力的な人が少なくありませんが、
実は、胎児の神経管閉鎖障害は
男性の葉酸不足が原因というデータもあるのです。

 

妊娠は、パートナーと二人三脚で協力しあってこそ
成り立つということをしっかり意識しましょう。
健康な男性の精子であっても、1回に射精された精子の中には、
1〜4%の染色体異常が含まれています。
その精子が卵子と受精をすると、
赤ちゃんに先天的な奇形が生じてしまいます。

 

また、年齢を重ねるごとに、女性の卵子だけでなく、
男性の精子も質が低下してしまいますが、
葉酸は、精子の染色体異常のリスクを下げ
精子の質を高める効果があることも分かっています。
つまり、健康で質の良い精子が増えることで、
妊娠する確率も上がるというわけです。

 

 

葉酸不足の男性のパートナーは妊娠率が低い? 

葉酸は、妊活中の女性にとって、
最も重要な栄養素であることは有名ですが、
実は、男性も妊活中に葉酸を摂取していくことで、
嬉しい効果がたくさんあることが分かってきました。

 

不妊の原因は約48%が男性側にあるといわれています。

晩婚化がすすみ、赤ちゃんを授かる年齢が
高くなっている現代では、10組に1組が不妊に悩んでいます。
不妊の原因はさまざまですが、年齢が高くなるにつれて、
卵子や精子の質が低下してしまうのも、その一つです。

 

葉酸は、細胞分裂をスムーズにする作用があり、
精子の分裂にも大きく関与しています。
分裂がスムーズに行われなければ、
染色体異常(精子の奇形)が生じてしまいます。

 

健康な男性の精子であっても、染色体異常が
1〜4%含まれているそうです。
染色体異常の精子が受精すると、
赤ちゃんに何らかの影響が出てしまいます。

 

実際、男性の葉酸不足は、精子の分裂や
コントロールがうまく行われないというデータもあり、
精子の質が低下することで、
妊娠する確率も下がってしまいます
女性の場合、1日の必要量を摂取することで、
妊娠率が20%以上高まるといわれていますが、

 

同様に、男性も1日の必要量を摂取しているカップルの場合は、
妊娠する確率がグンと高まります
妊娠率を上げるため、健康な赤ちゃんを授かるためにも、
男性の葉酸摂取は大切です。

 

 

 

妊活中の男性に必要な妊活サプリの成分は?

妊活サプリは、女性が摂取するものと思われていませんか?
実は、男性にも妊活サプリは必要なのです。
パートナーと一緒に妊活サプリを摂取することで、
妊娠する確率もグンと高まります

 

以前は、不妊の原因は女性にあるイメージでしたが、

約48%は男性に原因があることも明らかになっています。
「避妊をせずに性交渉をすれば妊娠する」と
思われてた人も多いようですが、
今の日本では、カップルの10組に1組は
不妊症で悩んでいるのが現実です。

 

その原因は、晩婚化生活習慣も含め、さまざまです。
では、男性用に妊活サプリを選ぶときに
大切な成分とは、どのようなものなのでしょうか。

 

妊活サプリを飲む目的は
「赤ちゃんをつくるための身体を整える」ことにあります。
つまり「タイミングをとる元気をつける」
「質の良い精子をつくる」成分が必要ということです。

 

女性の排卵に合わせて性交渉を行うためには、
男性が元気でなければ成り立ちません
また、質の良い精子がつくられることで、
受精率が上がり、妊娠する確率が高まります

 

元気を維持するための成分は「マカ」や、
血流改善をしてくれる「オメガ3脂肪酸」「ビタミンE」
質の良い精子をつくる成分は「葉酸」「亜鉛」などが挙げられます。

 

 

妊活中の男性に必要な葉酸の摂取量とは? 

葉酸は、健康な赤ちゃんを授かるために必要な
大切な栄養素であることは、多くの女性が認識していますが、
実は、妊活中の男性にとっても非常に必要
栄養素であることをご存知ですか?

 

パートナーと一緒に葉酸を摂取することで、

胎児の神経管閉鎖障害のリスク低下させ、
卵子や精子の質が良くなるので、
受精率が上がり、妊娠する確率がグンと高まります

 

日本では、まだまだ、葉酸を意識して
摂取している男性が少ないのが現状です。
それは「妊活」「不妊」男性には関係ないという
誤った認識があるからではないかと考えられます。

 

現在、10組に1組は不妊に悩んでいるといわれていますが、
その原因の半分は男性にあることが分かっています。
男性側の原因として挙げられるのは「乏精子症」「無精子症」
「精子無力症」など、さまざまです。

 

また、健康な男性の精子であっても、1度に射精する
精子中の1〜4%は染色体異常(精子の奇形)
含まれていることが分かっています。

 

葉酸は、そのリスクを低下させ、精子の質を高めていきます。
男性が1日に必要な葉酸は、240μgとされています。
精子がつくられる期間は3ヶ月といわれているので、
できれば、妊娠する3ヶ月前からの摂取が理想です。

 

男性の元気を維持する妊活サプリの成分とは?

妊活中、女性に欠かせない栄養素といえば「葉酸」です。
近年では、男性にも重要な栄養素だということが分かり、
パートナーと一緒に摂取してる男性も少しずつ増えています。

 

葉酸は、精子の分裂にも深く関わりがあり、
染色体異常のリスクを低下させ、
質の良い精子をつくります。
つまり、2人で葉酸を摂取することで、
受精率も上がり、妊娠する確率が高まるというわけです。
葉酸は、妊娠しやすい身体づくり
役立つサプリといえるでしょう。

 

男性の場合、もう一つのポイントとして
「タイミングをとる元気があること」が重要になります。
月に一度の排卵のタイミングが、
妊娠するチャンスですが、この時に男性の元気がなければ、
妊娠する確率もどんどん下がってしまいます。
男性の元気を維持するためにも、
妊活サプリに欲しい成分を把握しておきましょう。

 

葉酸
精子の染色体異常(精子の奇形)のリスクを軽減し、
質の良い精子をつくります。

 

マカ
精子の数、精子の運動率、性欲を高め、滋養強壮の働きがあります。
血流改善、血管拡張など、天然のバイアグラとも呼ばれいます。

 

亜鉛
セックスミネラルとも呼ばれ、滋養強壮や、
精液の濃度・量・運動率の向上に役立ちます。

 

還元型コエンザイムQ10
精子の酸化を防ぎ、精子を元気にしてくれます。

 

 

血流を良くする成分とは? 

健康な男女が避妊をせずに性交渉をしているのも
関わらず、2年間妊娠に至らない場合、不妊と診断されます。
その原因はさまざまですが、近年では、
半数近くは男性に原因があることが明らかになっています。

 

日本では、妊活は女性がするものと思っている、
男性がまだまだ多いのが現状ですが、
男性も妊活サプリを摂り入れるなど、
少しずつ男性の意識も変わりつつあるようです。

 

妊活は2人で協力し合うことで、肉体的にも精神的にも
安定し、妊娠する確率が高まることを認識しましょう。
男性不妊の原因の9割を占めているのが、
精子をうまくつくり出すことができない、
「造精機能障害」といわれています。

 

原因の一つに血流障害が挙げられています。
血流改善をスムーズに、
血流を良くするサプリの成分は次の通りです。

 

ビタミンC、ビタミンE
活性酸素が除去され、血流がスムーズになります。
元気な精子をつくるためには欠かせない成分です。

 

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)
体内ではつくり出すことができない必須脂肪酸です。
血液サラサラ効果が期待できます。

 

ザクロ
ザクロに含まれるポリフェノール抗酸化作用は、
血管の表面を守り、血流改善に期待ができます。
また、男性機能改善に高い効果を発揮します。

 

 

ホルモンバランスを整える成分とは? 

不妊の原因は、女性だけではありません。
日本では、まだまだ、不妊の原因は
女性にあるイメージが少なくありませんが、
近年では、不妊の約半数は
男性に原因があることが明らかになっています。

 

精子の数、精子の質、精子の運動率
精子の染色体異常(精子の奇形)など、
男性の不妊の原因は「造精機能障害」
80〜90%を占めています。

 

精巣で、質の良い元気な精子をつくるためには、
ホルモンバランスを整えることが大切です。
ホルモンバランスが崩れると、
自律神経のバランスも乱れ、性欲も失われてしまうなど、
妊活にも大きな影響が出てしまいます。

 

では、男性ホルモンのバランスを整えるサプリの成分とは、
どのようなものか検証してみましょう。

 

ビタミンE
自律神経を整える効果が非常に高いといわれており、
妊娠ビタミンとも呼ばれています。ストレスによる
バランスの乱れを整え、精子の老化防止効果も期待できます。

 

マカ
マカに含まれる「ベンジルグルコシノレート」
ホルモンの分泌をサポートします。滋養強壮効果が高く、
血流改善もあることから、勃起障害にも効果的です。

 

ザクロ、たんぽぽ
ホルモンバランスを整え、ストレスから精子を守ります。

 

 

精子の質を高める成分とは? 

世界では、10組に1組のカップルが
不妊症で悩んでいるといわれています。
その原因の半分は、男性にあることをご存知ですか?

日本の背景には、不妊は女性にあるものと
考えられてるところが、まだまだあるので、
妊活に協力的ではない男性も少なくありません

 

男性不妊症の原因は、精子をつくる力の低下
「造精機能障害」がほとんどを占めています。
女性の卵子同様、男性の精子も年齢とともに
質が下がり、どんどん元気がなくなってきます

 

受精率を高めるためには、いかに卵子と
精子の質を上げていくかが、もっとも重要です。
つまり、卵子や精子の質を上げるということは
妊娠する確率が高まることにつながります
では、精子の質を良くするには、
どのような成分が必要なのかを見てみましょう。

 

亜鉛
精子の材料となる成分です。精子の質・量・運動量を高め
精力アップにも欠かせません。「セックスミネラル」とも呼ばれ、
男性の生殖器官に深い関わりがあるといわれています。

 

葉酸
健康な男性の精子にも1〜4%の染色体異常が含まれていますが、
葉酸はその割合を軽減し、質の良い精子をつくるサポートをします。

 

コエンザイムQ10
抗酸化作用で、活性酸素を除去し、精子の質を改善します。
酸化を少なくすることで、遺伝子以上のリスクを軽減することができます。

 

 

葉酸サプリメントを選ぶポイントとは? 

葉酸は、質の良い精子をつくったり、
胎児の神経管閉鎖障害のリスクを
低下させるなどの効果があり、
妊活中の女性だけでなく、男性にも必要な

栄養素であることが明らかになってきました。

 

精子がつくられる期間は3ヶ月なので、
男性の場合は、女性よりも早くから
飲み始めるのが理想です。ここでは、
葉酸を選ぶときのポイントをまとめてみました。

 

天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸サプリを選びましょう
厚生労働省が推奨しているのは、合成葉酸の
「モノグルタミン酸型」です。「野菜や果物から抽出した
葉酸をモノグルタミン酸型に変換させたサプリ」と、
「化学成分を合成したモノグルタミン酸型の
葉酸サプリ」の2種類がありますが、
天然由来から抽出した葉酸の方が安全性が高いので安心です。
天然葉酸の「ポリグルタミン酸型」は吸収率が低いので、
実際の量の半分しか摂取できません。

 

ビタミン12が配合されている葉酸サプリを選びましょう
葉酸との相乗効果で、DHAの合成、細胞分裂
ヘモグロビンの合成を促進します。神経管閉鎖障害のリスク低減
ダウン症のリスク低減にも必要な成分です。

 

放射能チェックが行われている葉酸サプリを選びましょう
GMP認定工場で製造されていることを確認しましょう。

 

 

亜鉛サプリメントを選ぶポイントとは? 

妊娠は、卵子と精子が受精して成り立ちます。
妊活は女性だけではなく、男性の協力が
あってこそ、受精の確率が高くなるのです。
そんな妊活の一環として、妊活サプリは欠かせません。

 

女性の卵子も、男性の精子も、
年齢とともに質が低下していきます
妊娠の確率を上げるには
卵子と精子の質を上げることが重要です。

 

男性の精子の質を高めるサプリといえは「亜鉛」です。
亜鉛精子の材料となる栄養素で、
現代人には不足しがちだといわれています。
亜鉛不足になると、精子の減少や勃起障害(ED)
引き起こす原因にもなりかねません。

 

亜鉛のサプリメントの選び方のポイントをチェックして、
妊活にしっかり摂り入れて行きましょう。
亜鉛が多く含まれる食品といえば「牡蠣」です。
海で摂れた天然の牡蠣を使用しているサプリメントは、
化学合成したものとは明らかに効果が違います

 

天然で国産、添加物や着色料を含まず
亜鉛含有量が多いものを選ぶよう心掛けましょう。
合成原料の場合、過剰摂取につながる恐れもあるため、
天然原料が主成分であるのものが安心です。

 

また、亜鉛は、吸収率の低い必須ミネラルのため、
吸収率が高まる加工がしてあるかもポイントになります。
亜鉛は「ビタミンC」と一緒に摂ることで吸収率が高まります

 

 

マカサプリメントを選ぶポイントとは? 

マカは、妊活中の女性にも人気の
サプリメントですが、妊活中の男性にとっても
非常に重要な成分であることがわかっています。

 

特に「元気がなくなってきた」と痛感し始める

30代後半〜の男性には、
元気を取り戻すためにもおすすめです
といっても、マカ精力剤ではありません
勘違いされている人も多いようですが、
マカを飲むと性欲が湧いてくる」というのは誤解です。

 

マカには、血流改善
ホルモンバランスを整える効果があります。
血管が拡張されて血流が良くなるので、
ED予防効果もあるといわれています。

 

また、マカに含まれる「ベンジルグルコシノレート」には、
滋養強壮の働きがあります。
つまり、マカを一定の期間摂取することで、
不妊体質の改善が期待でき、元気になるというわけです。
マカサプリメントを選ぶ際には、次の点に注意しましょう。

 

含有量
1日分1500mg以上が摂取できるものを選びましょう。
「マカエキス末」よりも、マカ粉末」の方が、マカの栄養素が
失われずに摂取できるのでおすすめです。

 

生産地
マカの生産地はペルーですが、ペルー産よりも国産マカの方が
栄養価が高いので人気です。ペルー産を選ぶ場合は、
無農薬栽培であることを確認しましょう。

 

配合成分
マカ以外の配合成分を確認しましょう。
ポリフェノール、亜鉛との相性は抜群です。

 

 

男性の葉酸摂取は女性の不安や焦りを改善する!

葉酸は、妊娠を望んでいる女性に
必要な栄養素であることは、厚生労働省が
推奨していることもあり、多くの女性が認識しています。

 

葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害の
リスクを軽減し、卵子の質を高め
妊娠しやすい身体づくりをサポートします。

 

近年では、妊活中の男性にとっても、
葉酸が必要な栄養素であることが
明らかになってきました。

 

健康な男性の精子の中には、誰にでも
1〜4%の染色体異常(精子の奇形)が含まれています。
この精子が受精すると、赤ちゃんに
影響が出てしまいますが、葉酸を摂取することで、
この染色体異常の精子を
軽減できることが分かっています。

 

つまり、質の良い精子が増え
受精率が上がることにもつながります。
ただ、日本では、妊活に協力的な男性は少なく、
葉酸を摂取している男性も多くはありません。

 

その背景には「妊活は女性がするもの」
「不妊の原因は女性にある」という
間違った認識があるようです。
妊活中の女性は、不安と焦りで、
生理が来るたびに落ち込んでしまうことも多いのです。

 

そこで、男性も一緒に葉酸を摂取すると、
女性にとっては大きな心の支えになります。
一人で妊活をするのと、パートナーと二人で妊活をするのは、
肉体的にも精神的にも大きな違いがあり
特に精神面での安定が大きいので、
生理周期が乱れることもなくなる女性もいるほどです

 

妊活中や不妊に効果が期待できる葉酸を選ぶポイントは?

妊活中の女性はもちろん、
男性にも葉酸サプリメントは欠かせません。
葉酸は、胎児の「神経管閉鎖障害」の
リスクを軽減する効果があります。

 

厚生労働省が推奨していること、

母子手帳にも記載されていることから、
女性には広く認識されていますが、
男性にはまだまだ浸透していないのが現状です。

 

しかし、男性の葉酸不足は、
胎児の神経管閉鎖障害の原因の一つ
あることが明らかになっています。

 

また、精子の分裂にも大きく関わっており、
健康な男性の精子の1〜4%に含まれている
「精子の先天性異常」のリスクを下げる働きがあります。
つまり、質の良い精子が増えるということです。

 

女性だけでなく、男性も一緒に葉酸を摂取することで、
妊娠する確率もグンと高まるといわれています。
葉酸サプリメントは、国内はもちろん、
海外でも多くのメーカーから発売されています。

 

葉酸サプリメントに使用されている葉酸は、
ポリグルタミン酸型(天然葉酸)
モノグルタミン酸型(合成葉酸)2種類があります。

 

厚生労働省が推奨しているのは、吸収率が良い、
野菜や果物から抽出した葉酸をモノグルタミン酸型に
変換させた「天然由来のモノグルタミン酸型葉酸サプリメント」です。

 

また、相乗効果のあるビタミン12が配合されているか、
原材料の放射能やセシウムチェックがされているか、
化学合成添加物が無添加かどうかをしっかり確認しましょう。

 

男性の元気を促すマカ・亜鉛!

現在、日本では10組に1組のカップルが
不妊に悩んでいるといわれています。
以前は、不妊といえば女性に問題がある
イメージでしたが、実は、不妊の約半分は男性に

問題があることが明らかになってきました。

 

まだまだ、男性は妊活に協力的ではないところが
多くみられますが、元気な赤ちゃんを授かるには、
男性の協力がなければ成り立ちません

 

男性不妊の原因の80〜90%を占めるのは、
精子をつくる段階で問題がある
「造精機能障害」だといわれています。
精子の質を高めることは
受精率を上げることにつながります

 

また、男性の場合、排卵のタイミング
元気がなければ、そのチャンスを逃してしまうことに
なっていまいます。そこで注目されているのが、
男性の元気を促してくれるサプリメントです。

 

マカ
男性の精巣機能を元気にしてくれます
精子の数を増やし、運動率を高めます。滋養強壮の働きがあり、
勃起障害(ED)予防疲労回復にも効果があるとされています。

 

亜鉛
セックスミネラルとも呼ばれているほど、
男性の生殖器官に大きく関与している成分です。
精子の生成を促進し、質を高める効果があり、
男性ホルモンを活発にする働きがあります。

 

葉酸サプリは男性の精子の質を高める!

日本では、不妊の原因は女性にあるものだと
思われがちな傾向にありますが、
近年、不妊の原因の約半分は
男性にあることが明らかになっています。

 

そのほとんどを占めているのが、
精子をつくる段階に問題がある
「造精機能障害」といわれています。

 

不妊治療では、精子の質を調査する
「精子検査」がありますが、男性によっては
抵抗があったり、忙しいことを理由に
足を運ばない人が多いのが現状です。

 

そこで、注目されているのが「葉酸サプリ」です。
葉酸は、女性が飲むものと思われていますが、
実は妊活中の男性にとっても重要な栄養素です。
胎児の「神経管閉鎖障害」は、男性の葉酸不足が
原因の一つであることも分かっています。

 

また、葉酸精子の質を高め、妊娠率を上げることが
できるので、最近では、葉酸をパートナーと一緒に
摂取する男性が、少しずつ増えています。

 

健康な男性の精子でも、染色体異常(精子の奇形)
1〜4%含まれていますが、アメリカの研究では、
葉酸を摂取することで、そのリスクが
20〜30%軽減するという結果が出ています。

 

つまり、染色体異常の精子が減るということは
質の良い精子が増えるということです。
男性と女性が一緒に葉酸を摂取しているカップルは、
女性しか葉酸を摂取していないカップルと比較すると、
妊娠する確率が明らかに高いといわれています。

 

葉酸が男性の妊活に必要な理由とは?

妊活中の男性にとって「精子の質を良くして
妊娠する確率を高めるサプリ」は必要不可欠です。
日本では、妊活や妊娠は女性がするものと
思っている男性が、まだまだ多いようですが、

どちらも男性の協力なしでは成り立ちません。

 

葉酸は、妊活中の女性やお腹の赤ちゃんにとって、
非常に重要な栄養素であることは、
厚生労働省の推奨もあり、女性の常識になっていますが、
実は、男性にも非常に重要な役割
果たすことが明らかになってきました。

 

1回に3億個前後射精された精子の中には
1〜4%の染色体異常(精子の奇形)が含まれており
年齢を重ねるごとに、その割合は増加するという
研究データがあります。

 

葉酸の働きは、正常な細胞分裂や血液をつくることです。
精子の分裂にも大きく関わっており、
染色体異常(奇形の精子)のリスクを軽減します。
つまり、質の良い精子が増えるということです。

 

葉酸を摂取している男性は、その数が
20〜30%低いといわれています。
さらに、男性が葉酸不足になると、
胎児の神経管閉鎖障害の原因にもなります。
葉酸は、男性の精子を正常に保つ働きだけではなく、
健康な赤ちゃんをお腹の中で育てるためにも
女性と一緒に摂るべき栄養素なのです。

 

葉酸は精子の染色体異常を軽減する!

妊娠を望んでいる女性にとって、
パートナーの協力は、肉体的にはもちろん、
精神的な支えも大きく、妊娠しやすい体質に
なるほどの良い影響があるといわれています。

 

妊活中の女性の不安や焦りを拭ってあげるためにも

男性ももっと積極的になってほしいものです。
近年は、葉酸をパートナーと一緒に摂取している
男性も少しずつ増えてはいますが、
日本ではまだまだ、妊活は女性がするものと
思っている男性は少なくありません。

 

ただ、不妊の原因の約半分は
男性にあることが明らかになっている現在は、
赤ちゃんを授かりたいのであれば、男性も
協力を惜しんではいけない時代といえるでしょう。

 

男性の不妊の原因の多くを占めるのは、
精子をつくる段階での問題「造精機能障害」」
いわれています。健康な男性の精子の中には、
1〜4%の染色体異常が含まれています。
これをゼロにすることは不可能ですが、
葉酸を摂取することで、精子をつくる段階で
染色体異常を20〜30%軽減するという、
アメリカの研究結果が出ています。

 

つまり、質の良い精子が増えるということです。
質の良い、健康な精子が多いということは、
受精率が上がり、妊娠する確率も高くなります
男性の精子はつくられるのに約3ヶ月かかるといわれています。
男性が葉酸を摂取する場合は、女性よりも早めの、
3〜4ヶ月前から飲み始めるのが理想です。

 

高齢妊娠のリスクを少なくするため夫婦で葉酸を摂取しよう!

日本では、10組に1組のカップルが
不妊症といわれています。
その背景には、晩婚化女性の社会進出などにより、

妊娠を考える年齢が上昇していることも大きな要因です。

 

年齢が上がるほど、卵子や精子の質も下がり
不妊やダウン症などの染色体異常のリスクも高まります
健康な男女が避妊をせずに性交渉をした場合、
妊娠する確率は、35才未満は20〜25%
35〜40才未満は10〜15%、40才〜は4%と、
どんどん下がっていくことがわかっています。

 

女性だけでなく、男性も高齢である場合には
お互いにいろいろなリスクを抱えていまうことになります
そこで、注目されているのが「葉酸」です。
葉酸は、卵子と精子の質を高めるだけではなく、
子宮内膜を強化し、着床率を高める効果があります。

 

また、正常な細胞分裂をサポートする作用があるので、
染色体異常のリスクを軽減することができるのです。
以前は、不妊の原因は女性にあるものと
考えられがちでしたが、近年では、不妊の原因の約半分は
男性にあることが明らかになっています。

 

妊娠する確率を高めるためにも、
男性の葉酸摂取は欠かすことが出来ません。
特に、男女ともに高齢の場合は、夫婦で葉酸を摂取することで
高齢妊娠のリスクを低くすることができます

 

 

精子かつくられる期間は約80日!3ヶ月前からの摂取が理想! 

妊娠は、卵子と精子が受精することで成り立ちます。
その場合、どちらかに問題があると、受精自体が
困難となり、妊娠する確率が低下してしまいます。

 

以前は、不妊というと女性側に問題がある
イメージでしたが、近年では、原因の約半数は
男性側にあることが明らかになっています。
その80〜90%を占めるのが、精子をつくる段階で
問題がある「造精機能障害」といわれています。

 

妊活中の女性に必要な栄養素「葉酸」は、
精子の分裂にも深く関わりがあり、健康な
男性の精子中に含まれる1〜4%の染色体異常
軽減し、質の良い精子をつくる働きがあります。

 

実は、葉酸妊活中の男性にも必要な栄養素なのです。
質の良い、元気な精子が増えることで
妊娠する確率がぐっと高まることも分かっています。
女性の卵子のもとは、生まれたときから
すでに出来上がっていますが、
男性の精子は、射精するたびに新しくつくられています

 

精子のもとになる「精祖細胞」が精巣の中で
分裂を繰り返し、約80日をかけてつくられます
つまり、射精された精子は、80日前の細胞が
もとになってつくられたものなのです。
男性の場合、質の良い精子をつくるためには
3〜4ヶ月前から葉酸を摂取するのが理想ということになります。

 

 

精子の量と質を高める亜鉛! 

近年では、不妊に悩んでいる男女が、
年々増えているといわれています。
その原因は、さまざまですが、実は男性側に
原因が約半分あることが明らかになっています。

 

しかし、妊活や不妊は、女性のことと間違った
認識をしている男性が多く、協力的でないのが現状です。
妊娠は、卵子と精子が受精することで
成り立つものなので、男性の協力は不可欠です。

 

男性の不妊の原因のほとんどを占めるは
「造精機能障害」で、精子をつくられる段階での問題です。
精子の量、運動率、染色体異常などは、
精子の質を高めることで改善することができます。

 

精子の質を高めるためには、葉酸はもちろんですが
「亜鉛」も効果的であることが分かっています。
亜鉛は、セックスミネラルとも呼ばれ、
男性の妊活には欠かせない栄養素といっても過言ではありません。
男性ホルモン「テストステロン(TH)」の生成や、
男性機能を向上する効果があります。

 

亜鉛は、精子の質・精子の量・精子の運動能力・
勃起不全(ED)の改善に期待ができます。
男性の場合、亜鉛が不足すると、精子も減少し、
パートナーが妊娠する確率が下がってしまいます
亜鉛が多く含まれる食品の代表は牡蠣ですが、
毎日手軽に摂取できる亜鉛サプリメントを摂り入れましょう。